ビジネス利用できるToDoリストは、自分の抱えているタスクを確実にこなすために必須のアイテムです。ToDoリストを管理できるアプリは、個人向けのものが多く、「チームでToDoリストを共有できるアプリがなかなか見つからない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。  そこで今回は、ToDoリストをチームで共有管理できるおすすめのアプリと、ToDoリストを共有することのメリットをご紹介します。  アプリの選定には時間をかけられないが、ToDoリストを適切に管理して成果につなげたいと考えている担当者の方は必見です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タスク管理に必要な機能がオールインワン。
豊富な機能でチームのタスク・プロジェクトを効率的に管理できるツール「Backlog」。

ITリテラシーが高いチーム・若手中心のチーム・中〜大企業には最適のツールです。
https://backlog.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

ToDoリストの共有管理アプリランキング

以下では、ToDoリストをチームで共有管理できるアプリをランキング形式でご紹介します。  仕事で利用するToDoリストは、チームで共有できるものが最適です。ToDoリストを共有すれば、社員同士が互いの進捗を把握しながら仕事ができ、コミュニケーションロスが少なくなります。また、全体の進捗もマネジメントしやすい環境になります。  そのためには、仕事のタスクを管理するアプリに「ToDoリストの共有」が必須の機能になります。さらに、チームの生産性を高めるために「メッセージ機能」と「情報共有機能」も必要です。  メッセージ機能は、社内のコミュニケーションを促す役割があり、タスクに関するあらゆるやりとりを可能にします。また、タスクをこなすためには、マニュアルなどの業務情報を利用する必要があり、情報共有機能があれば、いつでも目的の情報へ簡単にアクセスできます。  以上のように、ToDo共有機能、メッセージ機能、情報共有機能を利用できる管理アプリが、チームには必要不可欠なことが分かります。  その点、ランキング上位のBacklogとStockは、チームで社員ひとりひとりのタスクを共有管理できる機能を備え、メッセージ機能や情報拠有機能など、社内のあらゆる情報を一元管理可能なアプリになっています。

第1位 IT企業のタスク管理なら:Backlog

Backlog

https://backlog.com/

Backlogは、機能が豊富でカスタマイズ性の高いタスク管理・プロジェクト管理ツールです。ガントチャート機能やマイルストーン機能、カンバンボード形式のタスク管理機能が備わっており、タスク管理に必要な機能がオールインワンで詰まっています。

こんなチームにオススメ

  • IT企業・ITツールに慣れている若手中心の企業…ITリテラシーが高ければ、すぐに使いこなせます。
  • 導入担当者を1人割り当てられる、中〜大企業…導入担当者が利用方法を設計し浸透させれば、問題なく利用できます。
  • エクセルやスプレッドシートを使ったタスク管理に限界を感じているチーム…タスク管理・プロジェクト管理に特化した機能が完備されています。

Backlogの料金

  • スタータープラン:2,640円/月(ユーザー数30人まで)
  • スタンダードプラン:12,980円/月(ユーザー数無制限)
  • プレミアムプラン:21,780円/月(ユーザー数無制限)
  • プラチナプラン:55,000円/月(ユーザー数無制限)

Backlogの料金の詳細はこちらから

第2位 非IT企業のタスク管理なら:Stock

Stock

https://www.stock-app.info/

Stockは、非常にシンプルなノート型情報共有ツールです。タスク管理機能も中心機能の1つで、タスクの依頼者・担当者・期限を設定することで、タスクの関係者に期日に通知を配信できます。チームメンバー全員のタスクを、「タスク一覧」画面から一覧形式で確認できます。

こんなチームにオススメ

  • 非IT企業…ITの専門知識がないチームでもすぐに使えるように設計されています。
  • 紙・口頭での情報共有に限界を感じているチーム…紙のノートに書いていることや、口頭で伝えていることをそのままノート・タスクに記載するだけです。
  • チャット・メールを使っているチーム…「ノート」にまとまった量の情報を記載できるため、「チャットだと情報が流れていく」「メールだと情報が埋もれる」という悩みが解消されます。
  • ファイル共有ツール・オンラインストレージを使っているチーム…「ファイルをいちいち探して、名前をつけて保存する」ことの面倒臭さを解消できます。一画面で完結していて、すぐにノートまでアクセスできます。

Stockの料金

  • フリープラン:0円/月
  • ビジネスプラン:1,980円〜/月(5人で利用の場合に1,980円)
  • エンタープライズプラン:4,800円〜/月(5人で利用の場合に4,800円)

Stockの料金の詳細はこちらから

 

第3位 LINE WORKS(ライン ワークス)

LINE WORKSのトップページ

LINE WORKSの特徴

  • LINEと同じような仕様

プライベートで利用しているチャットアプリLINEと同じような仕様なので、情報が流れてしまう心配はありますが、利用のハードルは低くなります。 

  • トーク内容からタスクを作成できる

タスク作成はチャットでやりとりしたメッセージからも設定できるので、タスク漏れを減らせます。

LINE WORKSの注意点

  • 新規メンバーは過去メッセージを確認できない

新たに参加したメンバーは過去のメッセージを確認できないので、再度メッセージを送り直す必要があります。 

  • タスク管理だけでの利用には向かない

有料プランでの利用を考慮すると、タスク管理のみではコストが低いとは言えません。また、情報共有アプリとして利用する場合にも、大切なメッセージが流れてしまうことも考慮する必要があります。

LINE WORKSの料金体系

  • フリー:0円
  • ライト:360円/ユーザー/月(年契約の場合、300円)
  • ベーシック:600円/ユーザー/月(年契約の場合、500円)
  • プレミアム:1,200円/ユーザー/月(年契約の場合、1,000円)

LINE WORKSの詳細はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タスク管理に必要な機能がオールインワン。
豊富な機能でチームのタスク・プロジェクトを効率的に管理できるツール「Backlog」。

ITリテラシーが高いチーム・若手中心のチーム・中〜大企業には最適のツールです。
https://backlog.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

第4位 Any.do(エニードゥー)

Any.doのトップページ

Any.doの特徴

  • リストごとにタスクを管理する

タスクの数が増えた場合でも、リストごとにタスクを割り振れば、簡単に整理できます。 

  • Moment機能でタスクのやり残しをなくす

Moment機能は、指定した時間にタスクを仕分けしてくれるので、タスクの整理整頓がしやすくなります。

Any.doの注意点

  • 日本語に対応していない

Any.doは日本語に対応していないので、英語に不慣れな社員は使いこなすのに苦労する可能性があります。また、サポートが必要になった場合も、すべて英語で対応しなければなりません。

Any.doの料金体系

  • 無料:$0
  • 1ヶ月契約:$5.99/月
  • 6ヶ月契約:$4.49/月
  • 1年契約:$2.99/月

Any.doの詳細はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タスク管理に必要な機能がオールインワン。
豊富な機能でチームのタスク・プロジェクトを効率的に管理できるツール「Backlog」。

ITリテラシーが高いチーム・若手中心のチーム・中〜大企業には最適のツールです。
https://backlog.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

第5位 Google カレンダー(グーグル カレンダー)

Google カレンダーのダウンロードページ

Google カレンダーの特徴

  • あらゆるプラットフォームから利用できる

Googleアカウントがあれば、PCやスマホ、タブレット端末など、あらゆる端末から利用できます。 

  • スケジュールの共有が可能

Googleカレンダーを利用しているユーザーとスケジュールを共有できるので、予定タスクを互いに確認できます。

Google カレンダーの注意点

  • プライベートと混同する可能性

Googleカレンダーはビジネス利用以外にも、プライベートで使う方も多いアプリです。そのため、ビジネスの予定をプライベートで公開してしまう可能性があるので注意が必要です。

Google カレンダーの料金体系

  • Googleアカウント(無料)があれば、誰でも利用できます。

Google カレンダーの詳細はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タスク管理に必要な機能がオールインワン。
豊富な機能でチームのタスク・プロジェクトを効率的に管理できるツール「Backlog」。

ITリテラシーが高いチーム・若手中心のチーム・中〜大企業には最適のツールです。
https://backlog.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

第6位 Google ToDo リスト(グーグル トゥードゥ リスト)

Google ToDo リストのダウンロードページ

Google ToDo リストの特徴

  • Googleアカウントがあれば、あらゆるデバイスで利用可能

PCやスマホ、タブレット端末など、インターネットが利用できるあらゆるデバイスから、タスク管理が可能です。 

  • Googleの他サービスと連携できる

Gmailのメールから直接タスクを作成したり、タスクをGoogleカレンダーに表示したりできます。

Google ToDo リストの注意点

  • タスクの共有が難しい

タスクを他のメンバーと共有することや、担当者として割り振ることができないので、チーム利用には向いていません。

Google ToDo リストの料金体系

  • Googleアカウント(無料)があれば、誰でも利用できます。

Google ToDo リストの詳細はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タスク管理に必要な機能がオールインワン。
豊富な機能でチームのタスク・プロジェクトを効率的に管理できるツール「Backlog」。

ITリテラシーが高いチーム・若手中心のチーム・中〜大企業には最適のツールです。
https://backlog.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

ToDoリストを共有するメリット

ToDoリストを共有することで得られるメリットを正しく理解できれば、さらにより良い職場環境をつくるイメージが持てるうえ、具体的なアクションを起こしやすくなります。  以下では、ToDoリストを共有する3つのメリットをご紹介します。

社員のタスクを常に把握できる

ToDoリストを共有すれば、社員の状況をリアルタイムで把握できます。ToDoリストが管理できるアプリには、「タスクのステータス(状況)」を共有する機能があるからです。タスクのステータスが共有されていれば、円滑なサポートが可能になります。たとえば、期限に近づいているタスクがあれば、上司は様子を見計らった適切なアドバイスができ、他の社員もサポートの必要性を自ら判断して行動に移せます。逆に、ToDoリストが共有されていない状況では、「他の社員がどのような仕事をしていて、何に困っているのか」が判断できません。そのため、ToDoリストは個人で管理するのではなく、チームに共有するのが重要です。

チームのコミュニケーションが活発になる

チームでToDoリストを共有すると、チーム全体のコミュニケーションが活発になります。互いのタスクを認知しているので、コミュニケーションロスが少なくなり、ストレスなくやりとりが進むためです。  たとえば、ToDoリストを管理するアプリのなかには、社員同士のコミュニケーションを促進するための「メッセージ機能」が使えるアプリがあります。他のチャットアプリでやりとりする方法もありますが、情報の分散が発生して作業効率が低下する恐れがあります。  そのため、ToDoリスト管理とメッセージ機能がひとつのアプリで完結するものを検討しましょう。おすすめランキング上位のBacklog, Stockは、社員のタスクがToDo管理機能で簡単に管理でき、メッセージ機能で社内コミュニケーションの活性化に貢献します。

チームの成果が最大化される

ToDoリストが共有されるとチーム全体の進捗が可視化され、プロジェクトのゴールから逆算して行動を起こしたり、メンバーへ指示したりできるので、チームの成果をより良いものへと近づけられます。  たとえば、チームの進捗が可視化されることで、ムダな作業や非効率な点が明確になり、具体的な改善策を打ち出せます。さらに、タスクの進捗が芳しくない場合でも、大きなミスにつながる前にスケジュール変更や担当者変更の判断も可能です。  ToDoリストをチームで共有するだけで、社員ひとりひとりに目が行き届くマネジメントが可能になり、意味のある行動につながる発見ができるようになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タスク管理に必要な機能がオールインワン。
豊富な機能でチームのタスク・プロジェクトを効率的に管理できるツール「Backlog」。

ITリテラシーが高いチーム・若手中心のチーム・中〜大企業には最適のツールです。
https://backlog.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

ToDoリストの共有管理アプリトップ5まとめ

ToDo管理できるアプリには、ToDo共有機能はもちろんのこと、メッセージ機能や情報共有機能も必要です。  また、ToDoリストの共有管理が社内に浸透する環境をつくるためには、BacklogやStockのようなアプリを使った管理が必須となります。Backlogには、タスク管理に関する機能が全てオールインワンでつ余っているという良さがあります。また、Stockはシンプルな操作性で誰でも説明なしで使いこなせるうえ、社員のやるべきタスクを効率的に管理できるアプリです。  いずれも無料でトライアルできるので、ぜひいずれかのツールでToDoリストを共有管理して、より良い成果をチームで生み出せる環境を整えましょう。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タスク管理に必要な機能がオールインワン。
豊富な機能でチームのタスク・プロジェクトを効率的に管理できるツール「Backlog」。

ITリテラシーが高いチーム・若手中心のチーム・中〜大企業には最適のツールです。
https://backlog.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー  

【関連記事】